新郎新婦

コストダウンで幸せをバッチリ掴め|格安結婚式で盛大に祝福される

友人同士のパーティ

花嫁

事前準備が肝心

結婚式の二次会は友人同士なので、気軽なお祝いの席となっています。また二次会の幹事は新郎新婦それぞれの友人に依頼することが多いです。過去に経験していても一人で幹事を行わないようにします。なぜなら受付や司会など仕事はたくさんあるからです。同時に二次会成功のためには事前準備が大切です。まずは新郎新婦に希望を聞き、その後新郎新婦の希望に沿った会場を決めます。披露宴から参加する人、二次会から参加する人もいるでしょう。どちらにもアクセスしやすいところを選びます。レストランを貸し切ったり、パーティルームをしたりなどが多いです。結婚式の二次会を行ったことがあるところ、設備が整っているところを選ぶと良いです。そしてゲストに二次会の案内状を出して出欠を確認します。往復はがきでもメールでも良いでしょう。また大事なことは、様々な準備をしなければいけないため、幹事は参加人数を把握するようにします。

ゲームや余興を盛り込んで

普段の飲み会と違い、ゲームや余興を盛り込みます。ゲームはビンゴゲームが定番ですが、ネットでも紹介されているので参考にすると良いでしょう。ゲームは景品付きにすると盛り上がります。ゲストの3分の1から半分の人に当たるようにします。そして男女ともにもらってうれしいものを選びます。テーマパークのチケットや高級食材などに人気があります。そして余興は生演奏やカラオケ、ビデオの上映などです。一部の人にしかわからない内輪受けのもの、過去の暴露話も避けましょう。当日、幹事は時間配分に注意します。ただ幹事はゆっくりと料理や友人とのおしゃべりは出来ないことが多くなります。そのため、二次会への参加人数が多い、もしくはしっかりと皆とお話がしたいというのであれば、幹事代行サービスの利用がおすすめです。依頼することで、準備から二次会の司会、運営まで行なってくれるので、友人に依頼する必要がなくなります。どちらにもメリットがあるので、状況に応じて決めていきましょう。